手術の際に行うことになる全身麻酔によって身体への負担が少し前まで手術設備も十分ではないために、大きな問題となっていました。
ほとんど傷跡を残すこと無く顎の美容整形が可能で、今では多くの方が自分の理想を叶えています。
顔の輪郭が非常に大きく小顔にすることに影響を与えています。
今では一般的に行われていますがこの顎の美容整形の歴史は古く、1970年代から日本では提供されています。

 

あごの整形手術の際には、最近では骨きりの技術も飛躍的に向上し、安全性も高くなってきました。
その結果、個々が望むあごの形やバランスを実現させることが可能になったのです。





社会人サークル 大阪ナビ
社会人サークル 大阪チェック
URL:http://0ffkai.lolipop.jp/


あごの整形なら貴方が望む形を作ることの出来るブログ:2020/09/20

「シェイプアップでガマンは禁物!」
この言葉は、今やシェイプアップの常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、わたくし自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
 長期的にシェイプアップを続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい肉体になったり、
 過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
みなさま、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた肉体や心に鞭打つようなシェイプアップでは
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕食後のおやつをガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「おやつを食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
チョコレートを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
シェイプアップのちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスにシェイプアップを進めてみてはどうでしょう?

フンガフフ

このページの先頭へ戻る